2016年8月22日月曜日

断念せず◎

遅れ遅れて2時間。
「いつ来るの!」と奥様からお怒りの電話もあり
今回はあきらめたほうが良いかな~と思いながらも
とりあえず訪問。
”DOMAINE DE LA BANJOULIÈRE”
ご主人はまだ外出中ということで奥様がお出迎え。
お電話ではかなーり怒ってるかなと思いましたが
いざ会ってみるとニコニコ笑顔で迎えてくれました。

2011年よりビオで始め現在は無添加で
赤2キュヴェ、白1キュヴェを造っています。

垂直型のプレス機を使ってゆっくりと絞ります。
可愛らしい絵の描かれたこちらのコンクリートタンクは
カリニャンに使われています。
写真真ん中のワイン”Le Pointe”は
結構マイナーな葡萄品種aramonを使っており
特徴は大きな葉に大きな実で皮が薄く酸味が強めの品種。
タイプ的にはGAMAY系になるでしょうか、まさに薄旨!です。

白の”Le Blanc”2éme miseです。最初の瓶詰め分はすでに完売。

開けた時は割りとフレッシュでちょいガスでしたが
抜栓後約1時間畑見学して帰って来た時はこんな色。
色酸化はすすんでますが味わいはエキゾチックな
オレンジワインを思わすような印象。
ヴァルマンティーノのフローラルな香りと
グルナッシュ・ブランの苦味がそんなニュアンスを感じさせているようです。

ラングドックの地でドイツ人の奥様と2人で45haを管理。
もの静かなお二人が造るワインは力強さよりしっとりと
染み入る気持ちの良い味わい。
奥様とSébastien Benoit Poujad
入荷はもう少し先ですがヒットの予感です!!
著SHO

2016年8月15日月曜日

タイミング悪し!

セドリック・ブシャール訪問を明日に控えたこの日
近場の街ということで”Troyes”に宿泊。

しかしこの日フランスは”Fête de la Musique”の真っ最中。
駐車場もないほどの人出。
興味のある人は楽しい日でしょうが
特に思い入れのない私達にはちょっと迷惑。
街はお祭り気分で盛り上がっておりました。

とりあえずこの日はホテルにチェックイン後お目当てのビストロへ!
”Aux Crieurs de Vin”
表でも食事が出来、ワインショップも兼ねたお店です。
暇そうに見えますが奥の客席はほぼ満席で、
テラス席もすぐに一杯になりました。
通常だとしっかりと食事が出来るようですが
この日はFête de la Musiqueの為メニューが限られていました。

奥にDRCの空き瓶が並んでいますがワインは全部ナチュール。
店員にお願いすることも出来ますが
ショップのコーナーから自分で持ってきてもOKです。
この日の料理はシャルキュトリー系のものしかありません。

食べかけでスイマセン。。。
私達が日本人だからでしょうか
何かお勧めの1本を店員さんにお願いしたところ
l'Opera des vinsの”Tokyo la nuit”が出てきました。

それ以外のワインも大満足!
しかし料理が前菜的なものしかなくお腹はいまいち。
日本でしたらこの後〆のラーメンとかになるのでしょうが
勿論この街にはありません。

ですので屋台で買ったこちらをテイクアウトして
ホテルで一人2次会です。
こりゃ太るな。。。(汗 
著SHO

2016年8月8日月曜日

純粋な好青年

以前のブログで紹介させて頂いた
”LAIKA”の生産者に初訪問。
2013年に0.3haから始めた新しいドメーヌです。

”PIERRE MENARD”

両親もワイン造りをしていましたが彼は別の畑を持ち
ビオディナミで生産しています。
こちらはシュナン・ブラン。1920年代の葡萄の樹です。
ここから取れた葡萄はこのワインに。
”LE QUART DES NOELS”
クリスマスに関係しているわけではなく畑のある場所の名前だそうです。
樽の中に眠る”LAIKA”の2015
今年108本入荷しましたがこの年も同じく108本のみ入荷予定。
年間生産量が上のNOELSと同じく600本と少ないため
日本用にもその程度しか頂けませんでした。。。

それ以外にもボトリティスが付いた年に造ったCOSMO。
葡萄ジュースのVERJUSがあります。
このエチケットの意味は
パンチを食らった位の衝撃の酸味がある!ということのようで
気合を入れて試飲してみたところそれほど強くなく
とてもおいしゅうございました。

このジュースは葡萄がまだ青い時期で酸味のしっかりしている
8月頃に収穫し絞っただけのもの。
昔この地域でマスタードを作る際、酢ではなく酸味の強い
葡萄ジュースを使っていたようで、
それを再現する為彼がこのジュースを造って
レストランに販売し以前のようなマスタードを復活させているようです。
是非私もこの話を持ち帰って日本でも再現して欲しいと思い
残り全量100本程度でしたが買っちゃいました~。
だれかマスタード作って下さい!!

著SHO

2016年8月1日月曜日

ビールと言えば?

翌日の訪問先を考えこの日はベルギーへ。
皆様よくご存知ビールで有名な

”CHIMAY”
フランスとの国境を越えてすぐの町です。
ビールでさぞかし潤っているのかと思いきやかな~り寂しい町でした。
日曜ということもあったでしょうがそれでもお店が少なかったです。

この日は日曜日ということもあり仕事はお休み。
ワインを忘れてビール三昧と行きましょう!

ということで数軒しかないレストランの中でこちらへ。
まさに正統なブラッスリー。ほとんどビールのみでした。
とりあえずこちらで乾杯です。
ビールはそれほど詳しくないので薀蓄は語れません。
このサイズ(300ml位?)で3€ほどですので
CHIMAYにしてはさすがにお手頃価格。

この日はサッカーのEURO真っ最中。
しかもベルギー戦があるということで少々盛り上がっておりました。

その後食事でもということで再びブラブラ。
1軒だけレストランが開いてましたのでそちらで食事。

出来合いのような感じですね。
なかなかのボリュームのタルタル。
こちらではまた違うビールを。

世界的にも有名な町なのでどんなところか期待しましたが
特にビール景気に浮かれた様子も無くちょっとがっかり。
しかしフランスに比べて税金が安いこともあり
スーパーに並んでいるビールはとにかく安い!!
日本でも売られているクローネンブルグがその時の通貨で換算すると
1本なんと30円!!(330ml)

私がこの国に住むとあっという間にビールとポンムフリッツで
体重2倍になること間違いなしです!!

著SHO

2016年7月27日水曜日

口に出来るのはミラクルか!?

今回はこの人に会うことを中心として
他のスケジュールを組んだと言えるかもしれません。

最も手に入れるのが困難と言われるシャンパンの一つ
”Roses de Jeanne”

電話でもほとんどアポイントが取れず
会うこと自体が非常に難しい人です。
ストイックで寡黙な人を想像していましたが
ワインの事を話し出すと止まらない
とっても饒舌で親しみ易い性格の人でした!
奥様とセドリック・ブシャール氏
この日は気温が25度を超えるとっても暑い日。
しかし案内されたカーヴは10度を切る程の室温。
たった階段を20段程度降りただけですが別世界が広がっていました。
こちらは熟成中のシャンパン。
現在7つのキュヴェを造っていますが全て少量生産。
しかも販売されるの1/3のみ。
残りの2/3は熟成用と試飲用ということで尚更希少となります。
既に私達の為に全てのキュヴェを準備してくれていました。
こちらは”LIEU-DIT”の為単一畑から生産でブレンドは一切してません。
全て有機で添加物はゼロ。
セドリックは元々泡系が好きではなくブルゴーニュ好き。
その為この中の幾つかはデキャンタをしたり泡を飛ばして飲むことを
お勧めしています。

熟成中のウルシュレ2000
このように熟成させているボトルがちらほら。
こちらも何時かのタイミングで商品化するようです。。。
これは以前イギリスのライターが紹介したことで
パニックが起こった曰くつきのもの。
私のブログでは大した影響はありませんが
詳細は一応内緒にしておきます。

ここのシャンパンは割り当て制となっているため
ごく一部のお客様にしかご案内出来ておりません。
セドリックも今後生産量を増やすことは一切考えていないということで
私共に与えられる量も今の量が限界のようです。

しかしセドリックは新しいプロジェクトを進行中。
そちらもいつか紹介出来ればと思ってますのでお楽しみに!

著SHO



2016年7月22日金曜日

キュートな女性が造る骨太ワイン

当初の予定より2時間遅れての到着。

本当に申し訳ない気持ちで訪問しましたが
素敵な笑顔で迎えてくれました!!

”JULIE BROSSELIN”
今回が始めての生産となります。

元々は”LE P’TIT DOMAINE”でご主人のRICHARD氏と共に
ワインを造っていましたが、ちょっと事情があり・・・
今は一人でワイン造りをしています。


こちらのキュヴェは全て赤ワインとなっていますが
ジュリーは元々白ワイン好き。
分けてもらった畑には白葡萄が少ししかなく、
今回造ったものは全て完売してしまったようです。

しか~し!帰国後連絡があり白ワイン(オレンジ)を
36本だけ私達の為に確保してくれたようです!!

とてもチャーミングでいつも笑顔ニコニコのジュリーが造るワインは
割とどっしり。しかし酸がしっかりと支えている為
スムーズに喉に流れて行きます。SO2は無添加。

入荷は秋ごろになると思いますが寒い季節にはぴったりのワイン。
ジュリーのワインがみんなを笑顔にしてくれます!

著SHO




2016年7月14日木曜日

こんな人。。。探してました!

本日はこちらを訪問
”Domaine des Balmettes”
写真で見た時は少々クールでまじめな印象を持ってましたが・・・
ぜんぜん違いました!!
到着するなり
「試飲にする?飯にする?」
初訪問でこんなこと言われたの初めてです。
丁度12時頃でしたので
「飯にしま~す!!」
ということでカーヴの上の自宅へ。
そしてこれも初めて。
「とりあえずビールでも飲む?」
いや~これは楽しい訪問になりそうだとワクワク感がMAXです。
人がきたことが本当に嬉しいようで
冷蔵庫から色々とシャルキュトリーやフロマージュが。
食べ物は丁寧に手造りされたものばかり。
調味料に至るまで全て拘り抜いていました。
リュシアン曰く
「フランスのスーパーで売ってる野菜は絶対食べちゃだめだ!
 全て農薬まみれで病気になってしまう」そう。
そしてその流れから適当に試飲。
途中からは私が勝手にワインを抜栓する始末。

ワインについて多くを語らないリュシアン。
ですが彼の人間性が全て反映されているような味わい。
自然で引っ掛かりが無くめちゃくちゃとっつきやすいワイン。
南仏の、時にはむせるほどの強さの欠片も無く
ゆっくりと溶け込んでいく味は正に今リュシアンと共にしている
この時間に似ている不思議な感じでした。
”リュシアン・マジック!”です。

1階のこちらのカーヴでは樽からわんさか試飲。
お気に入りはこちらの
”GG de LuLu”オレンジワインです。
こちらは残り200本。勿論全て頂戴しました。

リュシアンも今は独り身
同居は1匹の犬と2匹の猫。ひとなつっこくとってもいい子達です。

そろそろ次の生産者訪問の時間です。
とは言ってもこの時点で予定を1時間以上経過。

それでもここにまだまだ残りたい!と言う気持ちがおさまらず。
でも行かねば~~~
個人的には久々にめぐり合えた運命のおじさん(私の方が年上ですが・・・)。

なにかリュシアン愛を語ってしまいましたがワイン抜群です!お楽しみに。

著SHO